ヤミ金解決の糸口は法律の専門家への無料相談が第一歩

ヤミ金の被害の解決のためには法律の専門家に相談するのが最善の道です。

借金に悩む男性

ヤミ金からの執拗な督促に困りはてているあなたが、今このサイトに来てくださったのだと思います。
ここでは、ヤミ金業者からのいやがらせにあって、困窮している人をその泥沼から抜け出す方法、ヤミ金解決の方法をご紹介しています。

 

ヤミ金との、関係を断ち切り、の取立て・嫌がらせ被害から抜けだし、ヤミ金解決に真剣に取り組み、まっとうな人生に立ち戻ることはあなたの覚悟次第です。
しかしながら、これからもヤミ金から融通して貰うかも知れないという人には全く役に立ちません。
ヤミ金解決の方法を探り、今までの自分を改め、今後はヤミ金などに手を出さないできちんと生活していくという強い意志を持った方にしか役に立つ情報はありません。

 

ただの一度でもヤミ金からお金を借りてしまうと、ドツボにはまってその悪循環の環境を断ち切ることが出来ない人が非常に多いのです。ですからせっかく一度はヤミ金問題が解決してもその努力が水泡に帰してしまうといったこともあるのです。
相手が違法な業者ということもあって、法律に詳しくない人では太刀打ちできません。
法律の専門家、それもヤミ金問題に詳しい弁護士・司法書士に相談の上、力を借りることによってしか解決の方法はありません。

サルート法律事務所

特徴
督促の電話や嫌がらせなどのヤミ金問題、即日解決。 ヤミ金業者からの取り立て、嫌がらせをたった1日でストップさせます!今すぐ、無料相談!! ご相談は無料。日本全国どちらでも対応いたします。 土日祝・24時間365日いつでも受け付けております。 弁護士費用は、状況によって分割でのお支払いにも応じます。
最短の流れのご紹介 最短で一日!
  1. メール・電話にて相談
  2. 解決策の説明
  3. 依頼・契約
  4. 弁護士によるヤミ金業者との交渉

サルート法律事務所

ウイズユー司法書士事務所

特徴

闇金問題解決専門のウイズユー司法書士事務所です。 闇金業者から借り入れてしまい、取立て等でお困りの方をお助けします。 ご相談は無料、365日24時間相談受付、全国対応、後払い分割払い可能、迅速にご対応致します。

最短の流れのご紹介 最短で一日!
  1. メール・電話にて相談
  2. 解決策の説明
  3. 依頼・契約
  4. 弁護士によるヤミ金業者との交渉

ウイズユー司法書士事務所

弁護士法人RESTA法律事務所

特徴
・初期費用、相談料0円で費用は分割可能。弁護士費用の支払いも柔軟に対応。
・即日対応可能、弁護士がヤミ金と交渉し、お支払い取立を即日止めます。
・職場やご家族に内緒で手続きも可能です。 ・安心の経験と実績(15000件)出来るかぎり有利な条件で和解交渉を締結。
  1. メール・電話にて相談
  2. 解決策の提案
  3. 受任契約を締結
  4. 弁護士によるヤミ金業者との交渉

弁護士法人RESTA法律事務所

ヤミ金、消費者金融、サラ金、街金の違いとは

闇金と街金とサラ金の違いとは一体何でしょうか?
闇金というのは金融業者の自治体への登録をしないで違法に操業している違法金融会社のことです。そレに対して街金とサラ金は消費者金融の俗称ですね。
街金とサラ金には法律上の違いはありません。業務的な違いもなく通称街金であっても人それぞれでサラ金と呼ぶ場合もあります。

 

こういった俗称が幾つかあるのは、小規模で高い利子をとる金融業者というのはなんだか印象が良くないし、消費者金融でついたあまり良くない印象を払拭するために街金、サラ金と変貌していた背景があります。
最近は、カードローンやキャッシングに大手の銀行系列の金融業者が加わるようになりテレビのCMなども見られるようになりました。
その背景を利用するように、カードローンやキャッシングと言う外見を取るようなった業者もたくさんあるのです。

 

これに対して闇金と言うのは融資をするために必要な金融業の許可登録・許可を経ておらず、一個人から一個人への貸付という一見正当な外見をとって、法律の規制の網から逃れようとする違法な金融業者です。

特徴としては、登録した業者でないことを逆手に取って、法律を守る必要がないと言い逃れをして、法律で決まった総量規制を無視しした貸付をしたり、法定金利の規制を無視し法外な金利を設定する業者などがいるのです。

ヤミ金の特徴

ヤミ金業者は違法な金融会社のまとめた呼び方です。ではそもそも法律違反の金融会社とはどんなものなのでしょうか。

  • 財務局や資金業協会、都道府県に資金業としての登記をしていない。
  • 資金業者登録番号が掲載されていない。

法律破りの貸付けを行う 貸金業者は、「利息制限法」や「貸金業法」に基づいた貸付けをおこなわなければなりません。 しかし、法律違反のヤミ金業者はそうした法律を無視してお金を貸し付けます。利息制限法 利息制限法は、貸金業者がお金を貸す際の上限金利を定めています。
元本が10万円未満の場合:上限は年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合:上限は年18%
元本が100万円以上の場合:上限は年15%
違法な金融会社つまりヤミ金業者は、これらの法律で決まっている金利をはるかに上回る金利で貸付をしています。 よくあるようなのはトイチ、つまり10日で1割です。

これを年利に換算すると、なんと365%以上。

更に悪質な場合はトゴ(10日で5割)といったこともあり得ます。
貸金業法 貸金業法では、個人の借入限度額(※1)を年収の1/3までに制限していますが、違法業者はこの制約を踏みにじって無茶苦茶な融資をしていきます。

※1 ここでいう「借入」とは、貸金業者(主に消費者金融会社、クレジットカード会社)からの借金のことを指します 法律違反のヤミ金業者にとって、お金を借りる人がどこの金融会社からいくら借りていようとどうでもいいのです。そもそも業作者の側に法律を守る姿勢がありませんから。結果的に、お金を借りようとしている人の返済能力を無視した無理な融資を行うことになるのです。

 

金融機関からお金を借りることによって急なお金の入り用や高額なものを購入する際でも補填することが可能になっていますが、最近はインターネットでも消費者金融や銀行などの情報を入手して、ホームページから申し込みをすることができるようになりました。また、最近は上限金利の引き下げや総量規制などの影響もあって違法な貸し付けをするような正規の金融機関は無くなっているので消費者金融を利用する場合でも安心してお金を借りることができるようになっています。しかし、中には闇金と呼ばれる違法な業者もいるので騙されないように十分気をつける必要がありますが、闇金は正規の賃金業者として登録を受けてない違法な金融業者であるため、利用してしまうと一気に借金地獄へと陥ってしまう可能性があります。闇金を利用する人の中には知らずに利用してしまう人も多くいますが、後から様子がおかしいと気付いた時には既に手遅れで借金が膨れあがっていることもあり、夜逃げをして闇金から逃れることも難しくなります。
また、違法な借り入れをしてしまった場合は返せない状態になることも多くありますが、そのような状態になっても問題を放置してしまうのではなく法律事務所などに相談をして問題を解決するために話しを進めていくことが必要になります。相手が違法な業者ということもあって話し合いだけでは和解に繋がることはないと思って
いる人も多いことだと思いますが、法律の専門家に力を借りることによって問題の解決を図っていくことが可能になります。
借金問題は放っておいても解決するものではないので自分から問題解決に向けたアクションを起こすことが必要になりますが、泣き寝入りしないように外堀をしっかりと埋めて問題解決を図りましょう。
また、今はインターネットを使って金融機関の情報を知ることが可能になっているので、慌てて借りようとするのではなく一呼吸おいて事前に金融機関の情報を調べておくことも大切です。